がんばれ!アルティスタ#2020

がんばれ!アルティスタ#2020

Go to JFL! アルティスタ浅間の挑戦は終わらない

2020年シーズン。今季は新監 督の埴田健氏と、新加入8名を迎え 新たなスタートを切ったアルティス タ浅間だったが、新型コロナウィル スが世界中を震撼させ、全国社会人 サッカー選手権大会、国民体育大会 の開催中止。北信越フットボールリー グも前期7試合全て中止となってし まい、4月にはクラブ活動自粛など、 思うような活動が出来ず、もどかし い期間が続いた。しかし、選手達は 自粛期間中も自主トレーニングを欠 かさず、チームみんなでボールが蹴 れる日に向け準備を怠らなかった。

5月に入り自粛期間が明け待ちに 待ったグラウンドでの全体練習。選 手達はチームみんなでサッカーが出 来る喜びと、サッカーが出来る事へ の有り難さを噛み締め、2020年 シーズンの再スタートを切った。北 信越フットボールリーグ開幕戦はア ウェイ新潟県での開催となったが、 2年連続でキャプテンを務める、背 番号 11番 喜屋武選手が を決め、1 対0の無失点で試合終了。良いスター トを切ったアルティスタ浅間。その 後、6試合を5勝、1分けで挑んだ リーグ最終戦は宿敵福井ユナイテッ ド との頂上決戦。選手達は最後ま で諦めずに走りきったが、1対0で 敗退し今季リーグ戦は2位終了した。 しかし今季はクラブ史上初の天皇杯 進出を果たすなど、飛躍したアルティ スタ浅間。来季さらなる期待ができ るシーズンとなった。

塩沢勝吾選手 惜しまれつつも笑顔で引退

今シーズンでの現役引退表明をした塩沢勝吾選手は「地元東信の力になりたい。自分を育ててくれた長野県に恩返しがしたい。」と語り、今季全試合出場し、ストロングポイントのヘディングを武器に、今年38歳と言う年齢を感じさせない活躍を観せた塩沢勝吾選手。

チーム内でも兄貴的存在である塩沢選手は、「後輩選手達へ自分が教えられる事、伝えられる事がたくさんあるはず。」と、“地元東信からプロサッカーチームを!”といった思いを胸に、常にチームを引っ張って行ってくれた。

9月20日に行われた引退セレモニーでは、支え続けてくれた家族、親友、そしてチームメイトに感謝の気持ちを伝え、ファン・サポーターへは会場を一周し、一人一人丁寧に挨拶をして回るなど、最後まで塩対応ならぬ“シオ対応”(ファンの間では知られた塩沢選手の神対応ぶりを表した言葉)をみせ、惜しまれつつも笑顔で現役引退を迎えた。塩沢選手が残してくれた熱い想いを胸に、アルティスタ浅間の挑戦はまだまだ続く!

ARTISTA ASAMAカテゴリの最新記事